男性が飲む育毛剤

男性が飲む育毛剤

 

女性がサプリメントを飲んで美を保つように、今は男性が飲む育毛剤を利用して髪を保つ時代になりました。
飲む育毛剤として有名なのが、AGA対策を行っている病院などで処方してもらえるプロペシアという薬です。
プロペシアは、保険が効かないため、病院で処方してもらっても高いので、今は個人輸入で安く購入している人も増えています。

 

市販の育毛剤であんまり効果がなかった場合は、一度AGA治療をしてみることをお勧めします。
そこでプロペシアを飲んでみて、本当によかたっと思ったら、そのまま今度は個人輸入で買ってしまっても良いと思います。
まずは医師に相談して、薄毛の悩みを特定してもらってから、どんな治療方法が向いているのか、しっかりと診察してもらうのが大事です。

 

ヘッドブラシを使ったスカルプケアだけでは、やはり育毛効果もそれほど高くはありません。
まずどんな原因で薄毛になっているのか、チェックをしてみましょう。
自分では薄毛の原因を特定するのは非常に難しいので、専門の病院で診察してもらうのが大事です。
AGAというマークを上げている病院が薄毛治療を専門としているので、近所のAGAを扱っている病院がないか、一度チェックしてみましょう。

 

発毛剤 外用

 

飲む発毛剤もありますが、数としては外用医薬品のほうが豊富です。
外用の発毛剤として、ミノキシジルが配合された世界初の発毛剤がロゲインです。
日本ではリアップとして発売されています。
1980年にファイザーによってつくられました。

 

現在では、フォームタイプと液状タイプと2種類のリアップが発売されており、配合されているミノキシジルは、2パーセントのものと5パーセントのものと種類があります。
リアップには男性用だけではなく女性用もあり、女性の脱毛対策にも効果的。
ミノキシジルが入った発毛剤は種類が多く、リアップのほかスペクトラルDNCも効果の高い発毛剤とされています。
育毛成分を最新技術によって、肌への浸透性を高めていることが特徴。
ミノキシジル5パーセントとアミネクシル1パーセントにプラスして、ハーブやミネラル、ビタミンといった成分が配合されています。
スペクトラルDNC-L、スペクトラルMX-5、スペクトラルF7、スペクトラルUHPといったバリエーションがあります。
ミノキシジルの濃度が高い発毛剤がポラリス。

 

ポラリスNR07、ポラリスNR08、ポラリスNR09といった種類があり、ポラリスNR09はミノキシジルが15パーセントも配合されています。
外用発毛剤を選ぶときには、使用感や浸透力、値段などを十分検討しましょう。
発毛剤によっては、べたつきが強いタイプもあり、頭皮にぴったりの発毛剤を選ぶことが大切です。

 

 

プロペシア値段を安くしたいのであれば、病院処方よりも個人輸入がお勧めです。
病院での診察代が節約でき、自宅輸送が多いため交通費を節約できて、プロペシア値段をかなり低く抑えられます。
また1度に購入するプロペシアの量を多くすることで、業者によっては1錠あたりの値段を安くサービスしてくれるところもあります。
こういった点を上手に利用することにより、プロペシアにかかる経済的負担を軽減することができます。

 

プロペシア値段を比較すると、個人輸入の業者によって大幅に値段が違ってきます。
おそらく輸送ルートなどのコストによって違うのでしょうが、プロペシア値段には明確な基準がないため多少水増しされても分かりません。
どの国向けのプロペシアかで多少違うようで、同じ業者でも英国向けだと28錠5900円、タイ向けだと28錠5500円になっているようなケースもあります。
また、プロペシアはもっと安く購入できるショップもありますので、プロペシアの通販業者についてはいろいろ調べる必要があります。